就職・転職活動研究所

スポンサードリンク

記事一覧

sz149p180.jpg採..

履歴書
採用担当者って、履歴書の空白期間が気になるもんなんです。そのため履歴書に6か月以上の空白の期間があると、多くの採用担当者はその空白の期間に何をしていたのかが気…

記事を読む

履歴書
私は、基本的に書くべき...と思ってます。書いていないと、空白の期間に何を行っていたのか気になります。まぁ〜就職(転職)活動か?何かなのでしょうが...?面接する採…

記事を読む

履歴書
私は反対していますが、パソコンで履歴書を作成する人が増えています。もちろん私が反対しているだけで、パソコンで履歴書を書いても大丈夫な企業はあります(外資系やI…

記事を読む

biz157.jpg採..

採用面接
採用面接のときに...1.研修業務は好きですので、頑張ります。2.貴社の商品に以前から興味があり志望しました。3.業績がよい貴社で仕事がしたいと考え志望しました…

記事を読む

shikaku.png免..

履歴書
免許や資格は多いほうが就職や転職有利だと...色々言われているんでしょうか?そのように考えている人がいまだにいるようですが、都市伝説…と言って間違いありません。…

記事を読む

履歴書の空白期間はなるべく少なく...。

sz149p180.jpg

採用担当者って、履歴書の空白期間が気になるもんなんです。
そのため履歴書に6か月以上の空白の期間があると、多くの採用担当者は
その空白の期間に何をしていたのかが気になるから、質問することになります。

そんなこと(空白の期間のこと)は、面接で答えればいいんでしょ
...って思いました、あなた!

...そんなんじゃダメなんですよ。
空白期間って、書いてプラスにならないから書かない
...って思ってるでしょ?...断じて言いましょう。違います。
そんな職務に直接関係ない質問が飛び交う時点でマイナスなんです。

そんなことは採用担当者になれば、
いや...採用担当者の立場を考えれば、すぐにわかることです。
だって、職務に関係があるから聞くんじゃないんですよ。
ただ気になるから聞くだけですから....。
ひどい採用担当者になると、質問しておきながら
(職務に関係ないんで)聞いてなかったりしますから。

ですから、そんなくだらないことでマイナスにならないよう
空白の期間に行っていたことは簡潔に記入しましょう。
しかし、就職活動や転職活動を行っていた...というだけでは、
インパクトが弱いですし、内定がなかなか決まらない応募者
…つまり、他の企業もあまり欲しがらない応募者
というイメージを持たれてしまうかもしれません。

そうならないためにも、一工夫が必要です。
履歴書何てちょっとした工夫をするだけで
採用担当者のイメージはガラッと変わっていくものです。

例えば...「応募する職種に関連した勉強や自己研さんを行っていた」
というような内容を書けば、採用担当者は空白の期間に
それほど悪いイメージを持たなくなります。
何事でもマイナスをプラスに変えていく能力(文集力、プレゼン力)
というのは企業で一番必要ですから(特に新人さん)、
思った以上によい印象を持ってくれるかもしれません。
 
実際は転職活動に追われて勉強ができていなくても、
勉強なんていつでもできますし、いろいろと理由は立ちますから、
上手に書いてアピールしてください。
上手いアピールはしたものが勝ちです。

合わせて...長期にわたって空白の期間がある場合は、
現在の状況も書いておきましょう。
例えば、病気などの理由でブランク期間が長期になってしまったときは、
「現在は完治したため、仕事をするうえで支障をきたすことはない」
...という内容を付け加えるだけで、採用担当者が応募者に対して無駄な質問
(病気は治りましたか?…など)をしなくてもよくなります。
治療に専念していた...というだけでは、現在の状況が把握できませんから
最後の詰めまでしっかりと記述したいものです。

これは両親の介護などによってブランクも期間が長期になった場合も同様で
「現在は(介護等の)問題が解決した」...ということまで記入しておきましょう。

空白の期間が長いのに何も記載されていなければ、
当然ですが...採用担当者との面接で質問されます。

採用担当者との面接ではできる限りネガティブな話題は避けるべきし、
職務に関する発言、自分のアピールが徹底的にできるよう専念すべきです。
そのためには、無意味で職務に繋がらない質問をさせないことも
重要なテクニックであり、面接スキルだと私は思っています。

短期間で辞めた経歴は書くべきか...?

taitai.JPG

私は、基本的に書くべき...と思ってます。
書いていないと、空白の期間に何を行っていたのか気になります。
まぁ〜就職(転職)活動か?何かなのでしょうが...?

面接する採用担当者サイドも、結構大変なもので
うまく質問をさせてくれる応募者が来れば楽なんですが...
20代の方っていうのは、転職慣れの人(笑)も含めて、
総じて質問のさせ方が下手なんで、何を質問すればいいのか困るんです。
(これが原因で面接が下手...と捉えられるケースが結構あるんです。)
で、仕方なく、気になったこと(ブランクの期間など...)
をとりあえず質問することになるんですよ(礼儀みたいなもんです)。

...話が脱線しました、戻して、
もちろん、就職しては辞めて、就職(転職)しては辞めてを
バシバシ繰り返しまくっている人が、
ビッチリ・キチキチと(履歴書に)書きまくるのも
少々考え物なので...採用担当者が読み疲れない程度にはしましょう。

で、短期間で辞めた職歴に関しては...
平成〇〇年4月 ××株式会社 入社
平成〇〇年3月 一身上の都合により退職
...のように書くのではなく、
平成〇〇年4月 ××株式会社で勤務(使用期間で退職)
のように株式会社名と勤務期間を1つの行でまとめて書くと
短期間で辞めたことが目立ちにくくなるので、
さらっ〜〜〜と記入することができます。

短期間で辞めた企業を記載しなかった場合は、面接で職務経験の説明をする際に、
短期間の勤務経験があることを伝えましょう。
企業によっては、短期間の経験だったのであえて記載しなかった
...という趣旨の説明でも大丈夫な場合があります。

一番まずいのは、短期間の経歴を黙っていて(履歴書に未記入)
面接でブランク期間について質問された場合、履歴書とずれた返答する場合です。
経歴詐称になりますし、嘘つきの応募者なんて誰も入れたがりませんから、即アウトです。

もちろん人間ですから間違いもあって、
記入し忘れたことを後から気づくこともあります。
そのときは、嘘で取り繕うとするのではなく、
真摯に誠実な対応を心がけてください。
 カテゴリ
 タグ

ネットからダウンロードした履歴書は市販の履歴書と同様の項目にすること

photonashi.gif

私は反対していますが、パソコンで履歴書を作成する人が増えています。
もちろん私が反対しているだけで、パソコンで履歴書を書いても
大丈夫な企業はあります(外資系やIT系などはそうかもしれません)。

ただし、そのような企業でも市販の履歴書と大きく異なったフォーマットで作成し、
提出されると嫌がる担当者はいるものです。
基本的に採用担当者は市販の履歴書を見ることに慣れていますから、
形式が異なった履歴書を見るとそれだけで気を遣ったり、疲れたりします。
当然、そうなると読みにくいと感じたり、違和感を持ったりするわけで、
それだけの理由で応募者にマイナス印象を持つ採用担当者だっています。
いや、むしろそうやってマイナスにとらえる人のほうが多いかもしれません。
(採用担当者だって、しょせん人間ですから)

私の周りでは、それだけで、履歴書にバッテンをつけている採用担当者もいました
(…というか、多くはそうでした。)。
今は個性が重視され、権利が認められる時代と言われていますが、
残念ながらそれは、大学生まで心得てください。
履歴書に個性なんて採用担当者は求めてませんから...。
採用担当者からしたら、めんどくさいだけです。
個性の発揮する場所・ベクトルを完全に間違えてます。

ネット上にアップロードされている履歴書を使って作成している人は、
そういうことも理解してから使用してください。

 私もネット上にアップロードされている履歴書をいくつか見ましたが
志望動機の欄がないもの、写真の欄がないものもあって驚きます。
(まぁ〜アルバイト用の履歴書かもしれませんが....。)

志望動機や応募者の写真は書類の基本情報ですから、
このような必要最低限の情報がない(ネット上の)履歴書を見ると、
応募者は伝えたくてこの履歴書にしているのだろうか?...と思ったり
応募者は意識的に書きたくない部分を削除しているのではないか?
...と悪くとらえる(勘ぐる)採用担当者もいますので気を付けてください。
 カテゴリ
 タグ

採用面接...アピールするところを間違えていないか?

biz157.jpg

採用面接のときに...

1.研修業務は好きですので、頑張ります。
2.貴社の商品に以前から興味があり志望しました。
3.業績がよい貴社で仕事がしたいと考え志望しました。

…なんて、発言する(アピールする)応募者がよくいますが、
はっきり言いましょう...採用担当者なんて聞いてやいませんよ。

今のセリフ(発言を)じっくり考えてみてください。
あなたが会社に入るメリットを語っているだけ...じゃないですか?
だから、採用担当者の耳に届きはしないんです。
本当に欲しい人材は会社に入ることでメリットをもたらしてくれる人材なんです。
もう一度言います。あなたのメリットに、会社は興味がありません

また〇〇が好きだから志望しました...や
〇〇が好きだからがんばります...という
フレーズもよく聞きますが、正直言うと
この手の発言採用担当者は好きではありません。

意地が悪いんですが...裏を返したら、
好きじゃなきゃやらないの?
好きじゃなきゃがんばらないの?
...ってことになりますから。

面接に来る時点で、好きなことくらい採用担当者はわかっています。
そんな当たり前のことで面接の時間を使うなんて、
もったいないことこの上ありませんから、嫌になるんです。
そんなことに時間を取られて核心部分に迫れない応募者を会社は必要としません。
採用面接でダメになる方は、こういう言葉を何度も繰り返していないか?
今までの面接を振り返ってみてください。
ずっと面接に落ち続けているのなら、何か原因があります。

貴社は、〇〇分野のメーカーとして業界トップクラスであり、社是に共感しました。
...自分の会社の業績なんてことわぁ〜、部外者に言われんでもわかるわい!
社是に共感しないんなら、そもそも面接に来ないやろぉ〜〜。
 カテゴリ
 タグ

応募職種には関連する資格をのみを記載し、資格マニアのアピールをしないこと

shikaku.png

免許や資格は多いほうが就職や転職有利だと...色々言われているんでしょうか?
そのように考えている人がいまだにいるようですが、都市伝説…と言って間違いありません。

採用担当者は、その資格や免許が自社で活かせるものかという点で、ジャッジしまから、
応募職種に関連がない資格が乱発されていると、それだけで「?」となりますから
マイナスになる可能性もあります。

ただの資格マニアではないか?
本当は自社の志望度が低くて他社を目指していたのではないか?
仕方なく応募しているのではないか?...などと勘ぐられることすらあります。
(採用担当者も所詮...人間です。)

とくに、レジャー関連の資格が乱発されていると、仕事よりも自分の時間
つまりプライベートを重視していると判断されてしまう可能性もあります。           
 ですから、たとえ多くの資格を持っていたとしても、
仕事に関係すると思われるものに絞って記入するよう心掛けてください。  
 
 逆をいうと、資格を持っていないからと言って、諦める必要はありません。
応募職種に必要とされる資格であれば、資格取得に向けて勉強中であることを書いて
上手にアピールするのいいでしょう。
用は、私を採用することは貴社にはこんなにメリットがあるんですよ…。
って伝えればいいんです。ただし、税理士、社会保険労務士、司法書士などの、
将来独立が想定される資格の取得を目指している場合は、
応募する企業に歓迎されるとは限りませんから、きちんと判断する必要があります。

資格取得後に退職を想定していて、要は腰掛なのか?
...と考える採用担当者も少なくありません。
また、勉強に時間を取られて本業がおろそかになるのでは?
...と捉えられることもあるからです。

次に確認のため以前も書いたことを書きたいと思います。
資格は正式名称で記載してください。
例えば『英検』や『宅建』なんて書かないでくださいね!
⇒『実用英語技能検定』や『宅地建物取引主任者』です。

また、当たり前ですが...失効している資格は記載しないでください。
嘘つき...ではありませんが、似ているような扱いを受けます。
 カテゴリ
 タグ
最近の記事
(06/06)応募企業に合う実績や評価で優位性を示すためには...
(06/05)職務経歴書は、応募企業毎に変える必要があるか?
(06/04)経歴要約をうまく使って、採用担当者の興味を集めるコツは?
(06/03)転職回数はキャリア式[職能式]でカバーする
(06/02)職務経歴書のテクニック【逆年代順】
(06/01)職務経歴書の枚数は少なく...原則3枚以内の理由は...
(05/29)応募書類の選考を通過させるポイントは...
(05/28)不採用の応募書類の利用法
(05/27)返却された応募書類の再利用は...?
(05/26)応募書類は第3者のチェックや下書きを活用して完璧に…。
(05/25)履歴書は1文字でも間違ったら、即座に書き直す
(05/24)履歴書で給与(待遇面)にこだわる人は即退場の可能性あり
(05/24)履歴書で「ふりがな」や「カタカナ」の記入間違いは、注意力を疑われる
(05/23)1つの応募書類で西暦と和暦を混ぜるのはアウト
(05/23)志望動機では意欲と熱意をアピールする
(05/22)履歴書の空白期間はなるべく少なく...。
(05/21)短期間で辞めた経歴は書くべきか...?
(05/20)ネットからダウンロードした履歴書は市販の履歴書と同様の項目にすること
(05/19)採用面接...アピールするところを間違えていないか?
(05/18)応募職種には関連する資格をのみを記載し、資格マニアのアピールをしないこと
スポンサードリンク
カテゴリ
Copyright © 就職・転職活動研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます