就職・転職活動研究所

スポンサードリンク

記事一覧

photoshuusei.jpg履..

履歴書
履歴書は企業に提出する正式な書類ですから、修正液や修正テープで消して提出したり、2本線を引いて訂正したりするのは100%アウト!退場です。訂正印を押したってア…

記事を読む

kyuuyo.jpg履..

履歴書
履歴書の本人希望記入欄に「年収〇〇〇万円以上を希望します」...などのように、高額な年収を希望するする応募者がいます。あまりにも高くてビックリする例もあったりす…

記事を読む

hiraginokan.jpg履..

履歴書
履歴書には「ふりがな」や「カタカナ」を記入する欄がありますね。この欄(の目的)は履歴書を読む採用担当者に対して、間違いなく読ませるためにあります。漢字の読み方…

記事を読む

2015523shoku.jpg応..

履歴書
応募書類で、学歴や職歴の年号が和暦で書かれていたのに、途中から西暦になっているものをたまに見かけます。採用担当者からすると、西暦と和暦がゴチャゴチャしていて見…

記事を読む

biz033.jpg採..

採用面接
採用担当者は、履歴書の志望動機から応募者の意欲や熱意を読み取ります。一生懸命がんばります…なんて、抽象的で当たり前の言葉だけを使ってアピールするのは辞めてくだ…

記事を読む

履歴書は1文字でも間違ったら、即座に書き直す

photoshuusei.jpg

履歴書は企業に提出する正式な書類ですから、修正液や修正テープで消して提出したり、
2本線を引いて訂正したりするのは100%アウト!退場
です。
訂正印を押したってアウト!!です。どこかのホームページには
訂正印はデメリットになる...と書いてありましたが、
デメリットどころの騒ぎではありません。
確実なアウト!即終了です。

その間違いが一文字であったとしても修正液や訂正印が使われていれば、
正式文書の意味を分かっていない、基本ができていない、
当たり前のことすらまともにできない人間...と捉えられてしまいますから、
誤字、脱字をしてしまった場合は、面倒でも新たに書き直してください。
…というより、この程度のことが面倒…と言う人は、
とてもじゃありませんが、社会人は務まりません。

たかが1回修正液、修正テープを使っただけで
修正ができない不合格通知がやってくる...と思ったら
書き直すことくらい面倒じゃないはずですし、
この書き直しは、次回ミスをしないためのステップになりますから
面倒がらずにやってください。
こんな地味なことをしているか?していないか?
それだけで、採用率は随分と変わってくるはずです。

...話は戻して、
複数の候補がある漢字や不安な漢字がある場合は、辞書で必ず確認してください。
手書きの場合でもパソコンで作成する場合でも、
(私は何度も申し上げて悪いのですが、アンチパソコン作成派です!)
慌てて応募書類を書くと間違いが増えますから、
余裕をもって作業するように心がけましょう。

履歴書で給与(待遇面)にこだわる人は即退場の可能性あり

kyuuyo.jpg
履歴書の本人希望記入欄に「年収〇〇〇万円以上を希望します」
...などのように、高額な年収を希望するする応募者がいます。
あまりにも高くてビックリする例もあったりするんですが...。

これでは採用担当者に待遇面に固執している人というイメージを与えてます。
…というか、こういう人、好かれないんですよね。
高飛車な応募者だ…と切り捨てる採用担当者もいます。
(...というか、私の上司はそうでした。)

年収の額が絶対条件で、提示金額より低ければ入社しない
…と考えて、条件を提示しているのでしょうが、
そもそも年収の条件なんて採用担当者が易々と決められるものではありません。
(社長に直接交渉するのなら話は別でしょうが…。)

交渉する相手(給料を決定する人に面接するならOK)
を間違えてますから、その時点で不採用ですわな〜。
そもそも論になりますが...通常書類選考の時点では、
あなたがその年収の条件に見合う人材かどうかなんて判断できません。
...というか中途の転職者も含めて、
給料以上の働きをしてくれる人なんてほとんどいません。
(私の経験上0.1%もいないでしょう、基本新人は使い物になりません)

ですから、給与以上の働きもできない(新人の)くせに給与提示とは何事だ
…となり書類選考で不採用になってしまうケースがあるので注意してください。
(…というか、ほとんど不採用になってますが...。)

年収を提示したければ企業に入るのではなく、自ら起業してください。
もう一度言いますが、スタートラインを間違えていますよ。
ソフトバンクの孫社長はサラリーマンをやっていないそうです。
つまり企業に入らず、いきなり起業したんですね。
年収にこだわる方は、こちらの道に進むべきです。
これが無理だと思う方は、年収を提示するなんて傲慢なことをしてはなりません。

もちろん待遇面は応募者にとって大切なことです。
その気持ちは分かりますが、その気持ちをぐっとこらえるのが大人であり、社会人なんです。
少なくとも書類選考の段階では、待遇面のことばかりを話して、
採用担当者に要らない面接時間だったなぁ〜と思われるより、
応募企業で発揮できる強みをアピールして実りのあるものにしてください。

まずは面接で濃い内容を話すことに重きをおいてください。
おすすめはあえて本人希望記入欄には書かず、面接時か内定後に交渉する方法です。
採用担当者にあなたを採用したいと思わせた後に、希望条件を謙虚に提示してください。
採用担当者が欲しい人材!他者には渡したくない人材だと思えば、
検討してくれる可能性もあります。また、初任給だけで判断するのではなく、
入社後の昇給、昇格を含めて判断することも必要です。
 カテゴリ

履歴書で「ふりがな」や「カタカナ」の記入間違いは、注意力を疑われる

hiraginokan.jpg
履歴書には「ふりがな」や「カタカナ」を記入する欄がありますね。
この欄(の目的)は履歴書を読む採用担当者に対して、
間違いなく読ませるためにあります。
漢字の読み方は1種類とは限らないので、
本人には当たり前の読み方であっても他人(採用担当者)
には当たり前の読み方とは限らないので、その溝を埋めるためにあります。

数ある履歴書を見てきましたがこの欄(「ふりがな」や「カタカナ」)
もミスをしたり、書き忘れたりをしやすいようです。

当然ですが、 「ふりがな」と書いてあればひらがなで、
「フリガナ」や「カタカナ」とあれば、カタカナで書いてください。

このブログでも何回か書いていますが、氏名や住所の欄は、
履歴書の初めにあるため、採用担当者の目に留まりやすいんです。
この部分が間違っていると、履歴書すらまともに書けない注意力が足りない人
(この程度のことも慎重にできない人、ミスや間違いが多い人)
...という負の先入観を持たれてしまう可能性があります。
こんなことでマイナス評価にしますから、注意してください。

また、この部分で負の先入観を持たれてしまうと、
その後の内容をきちんと見てもらえないこともあります。
(...というより、私は見ませんでした。)
何事も初めの印象が大事...と言われますが、
履歴書の書き方だって同じです。初めの印象が引きづります。
 
ふりがなを書く時には、一度ふりがなと晝かれた部分の鉛筆書きし、
確認してからペン書きをましよう。
確認してから晝くという習慣をつけると、ミスはなくなるはずです。

尚、都道府県名にまでわざわざ「ふりがな」をふる必要はない
...という意見があるようですが、一部だけを「ふりがな」にされると
どこからどこまで「ふりがな」を振っているのか
採用担当者は判断しなくてはならなくなります。
要は、一部にすると逆に見づらくなります。
ですから、都道府県名にも丁寧にふりがなをふってください。

あなたにとって当然のことが、他人にとって当然とはかぎりません。
 カテゴリ
 タグ

1つの応募書類で西暦と和暦を混ぜるのはアウト

2015523shoku.jpg

応募書類で、学歴や職歴の年号が和暦で書かれていたのに、
途中から西暦になっているものをたまに見かけます。
採用担当者からすると、西暦と和暦がゴチャゴチャしていて見づらいですし、
なぜ統一されていないのかなぁ…と不思議に思います。
(...まぁ〜特別な理由もないのでしょうが…。)

一部だけ違う場合も同様に読みにくく、そして分かりにくくなるので、
最初から最後までどちらかに統一してください。
また、職務経歴書も同様に、和暦と西暦どちらかに統一して記載してください。
ただし、履歴書と職務経歴書は、別の文書と考える採用担当者が多いので、
年号がどちらかに統一されていなくても問題は無いようです。

例えば、履歴書は和暦で書き、職務経歴書は西暦で書いても大丈夫な場合が多いようです。
まぁ〜何度も私の意見を書いて悪いんですが、私の場合は
和暦で全部統一されていたほうが読むのが楽でいいんですがねぇ。

履歴書の和暦、西暦なんて、応募者の方はほとんど気にしていないでしょうが
(まぁ〜採用担当者もあんまり気にしていませんが...)
読みにくい...分かりにくい...は立派なマイナスポイントになります。
このブログでも書いてますが、採用担当者は大量の応募書類を見ます。
本当は大量の応募書類なんて読みたくないし、読んでられないんです。
和暦・西暦がミックスされている訳の分からん応募書類なんて、
見てるだけでテンションが落ちてたまらないんです。
だから、はっきり言いましょうそんな応募書類は見ないんです。
シュレッダー行きか、応募者へ返信のどちらかになります。

 カテゴリ
 タグ

志望動機では意欲と熱意をアピールする

biz033.jpg

採用担当者は、履歴書の志望動機から応募者の意欲や熱意を読み取ります。
一生懸命がんばります…なんて、
抽象的で当たり前の言葉だけを使ってアピールするのは辞めてください。
一生懸命頑張るのは当たり前ですし「何を?」...って突っ込まれます。

また「貴社の業態に興味があります」…や
「貴社の業績がよいから志望しました」
…といった志望動機では、あなたにとってメリットがあっても、
あなたを採用することによる企業のメリットが伝わりません。
応募する企業の業績などが志望理由だったとしても、
その企業であなたは何ができるのか、何の貢献ができるのか?
について書くことが大切です。

ほとんどの応募者がこれできていないんですよ。
会社のことをじっくり調べることは良いですが、
会社LOVEだけでは採用されません。

また、就職本やネットにある見本の文(サンプル)をそのまま書く
…なんていうのもやめましょう。応募書類を見ると本当に似たり寄ったり、
同じ内容の志望動機を見るんですよね。ネタ本などがあるんでしょう。
ちなみに面接の達人(面達)などのネタ本があるの採用担当者は知っていますから
書かれているサンプルの文をそのまま用いないでくださいね。
もちろん書籍で勉強することは有用ですが、使い方を間違えないでください。

後、小さな文字でスペースいっぱいにビッチリビッチリ書くのも避けましよう。
熱意を感じるますが、応募書類を採用担当者に読んでもらう
...という当たり前のことを考えていないと思われます。
つまり、読み手のことを考えていない人物、他人のことを気にしない人物
…という一番致命的な評価につながります。

履歴書のスペースだけでは足りない場合は、
履歴書に大枠を書き、職務経歴書で詳細を書くようにしてください。
 カテゴリ
 タグ
最近の記事
(06/06)応募企業に合う実績や評価で優位性を示すためには...
(06/05)職務経歴書は、応募企業毎に変える必要があるか?
(06/04)経歴要約をうまく使って、採用担当者の興味を集めるコツは?
(06/03)転職回数はキャリア式[職能式]でカバーする
(06/02)職務経歴書のテクニック【逆年代順】
(06/01)職務経歴書の枚数は少なく...原則3枚以内の理由は...
(05/29)応募書類の選考を通過させるポイントは...
(05/28)不採用の応募書類の利用法
(05/27)返却された応募書類の再利用は...?
(05/26)応募書類は第3者のチェックや下書きを活用して完璧に…。
(05/25)履歴書は1文字でも間違ったら、即座に書き直す
(05/24)履歴書で給与(待遇面)にこだわる人は即退場の可能性あり
(05/24)履歴書で「ふりがな」や「カタカナ」の記入間違いは、注意力を疑われる
(05/23)1つの応募書類で西暦と和暦を混ぜるのはアウト
(05/23)志望動機では意欲と熱意をアピールする
(05/22)履歴書の空白期間はなるべく少なく...。
(05/21)短期間で辞めた経歴は書くべきか...?
(05/20)ネットからダウンロードした履歴書は市販の履歴書と同様の項目にすること
(05/19)採用面接...アピールするところを間違えていないか?
(05/18)応募職種には関連する資格をのみを記載し、資格マニアのアピールをしないこと
スポンサードリンク
カテゴリ
Copyright © 就職・転職活動研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます