就職・転職活動研究所

スポンサードリンク

記事一覧

shokureki.gif応..

履歴書
応募者・志願者が多い人気企業(特に一流企業、有名企業の場合)の場合、採用担当者は短期間で大量の職務経歴書を読まなくてはいけません(表向きは…)。(本当は読む価…

記事を読む

mensetuhego.jpg書..

履歴書
書類選考をなかなか通過できない人っていますね。その多くは、応募企業が求めているポイントとずれているんです。たとえ自分が持っている経歴と企業が求めるポイントが合…

記事を読む

suraimudora.JPG採..

履歴書
採用担当者は、使い回しの履歴書を送ってきた応募者に対し...どの企業にも不採用になっている人だというイメージを抱きます。ですから使いまわしを使うのはアウト...と前…

記事を読む

sairiyoubatu.jpgわ..

履歴書
わが社はやっていませんでしたが…近年は不採用の応募者に履歴書を返却してくれる企業もあるようです。(...と言っても返却してくれるのは1〜2割程度の企業でしょうが.…

記事を読む

270526rireki.jpg前..

履歴書
前回も書きましたが、応募書類はたった一文字であっても誤字や脱字があった場合、採用担当者はあなたの実務能力が低い...と判断します。つまり、人も履歴書も見た目で判…

記事を読む

職務経歴書の枚数は少なく...原則3枚以内の理由は...

shokureki.gif

応募者・志願者が多い人気企業(特に一流企業、有名企業の場合)の場合、
採用担当者は短期間で大量の職務経歴書を読まなくてはいけません(表向きは…)。
(本当は読む価値のない履歴書なんて少しも読んでませんが…)

そんな中で採用担当者が確実に読む履歴書…というのは、
ちら見で(大体 30 秒程度)で会ってみたいなぁ〜と、思わせる職務経歴書です。 
ですから、職務経歴書はなるべく少なくしてください、A4で1枚〜2枚にしてください。
どんなに多く書きたくても3枚程度にとどめてください。
                 
 複数の職務経歴を持っている人は、何枚にも何枚も書いてアピールをしたがります。
気持ちは分かりますよ。ただ、それを読むのって大変なんです。
あなたの職務経歴だけをみるんじゃありません。
大量の志願者の職務経歴を見なくてはならないんです。

大量に職務経歴を見てると、だんだん疲れてきて嫌になるのが人間です。
採用担当者だって残念ながら人間なので、疲れて嫌になっているときに、
何枚も何枚もの書類を見ると、それだけで悪い印象を持つ人もいるんです。
(...人間はわがままなものなんです。)

…話を戻して、枚数を少なくすることに加えて、大切なのが分かりやすさです。
他人の職務の内容、経歴ってわからないものです。当人には簡単に思えても
他人には全く分からない職務内容って結構あります。
採用担当者なんて、しょせん他社では素人ですから、
分かりやすく伝えてもらわないと分からないんですが、
これがまた、多くの応募者が難しく(専門的に)書きたがるんです。
専門的に書かれると、素人さん(つまり採用担当者のことです)
には分かりませんから、どんなによいことが書かれていても
目に留めてもらえなくなります。

採用担当者は、履歴書を見ている期間は忙しいんです。
あなたの分かりにくい、書類を一生懸命理解しようなんて時間がないからできません。
分からん職務履歴書は分からん…と言ってバッサリです。
ですから、採用担当者にバッサリされないためにも、分かりやすさは忘れないでください。

応募書類の選考を通過させるポイントは...

mensetuhego.jpg

書類選考をなかなか通過できない人っていますね。
その多くは、応募企業が求めているポイントとずれているんです。

たとえ自分が持っている経歴と企業が求めるポイントが合致していても
その点を採用担当者に上手にアピールできなければ不採用になってしまいます。
企業が求めるポイントはいくつかあり、簡単なものから挙げていくと...
ウェブページやリクナビ等の求人サイトや求人広告に書かれている
「歓迎するスキルや経験」を見て自分を当てはめていくことです。

こんなことは当たり前...と思うかもしれませんが、
書類選考で落ち続けている人は、こんな当たり前のポイントすら外しています

結果応募書類(履歴書)を読まれず不採用になるわけです。
企業が求める能力に関しては企業のウェブページだけではなく、
社長のブログや採用担当者のブログや Facebook などに、有益なヒントが載っています
(採用担当者のブログは企業のホームページのみならず、求人サイトにある場合もあります)
自分が本当に入りたい企業!仕事をしたい企業なら、
社長や採用担当者のブログ、Facebook
を全部隅から隅まで読むことをおススメします


採用担当者の立場から言うと、その程度のことはやって欲しいんですが、
ほとんどの人がやっていないんですよねぇ。

だから、逆をいうと企業のブログなどを熱心に読んでいるだけでも
いい意味で目立つんですよねぇ。
面接のときに、〇月〇日の採用担当者のブログに書いてあった内容で
...という感じで話を持っていくと、効果は抜群だったりするんですが...。

企業が求めるポイントの分析できたら、職務経験、スキル、人物像、
自己啓発系を含めた資格などの中から、自分と共通する部分を書き出していきます。

ここで書き出した内容は、
応募企業で即あなたの個性を発揮させる強力な武器になります。
職務経歴書には、貴社で発揮できる強み、
という見出しを作って記載すると、強力なアピールになります。
ここまで、研鑽された履歴書なら企業の採用担当者は中々落とせないでしょうから、
面接まで順調に進むことができますね。
 カテゴリ
 タグ

不採用の応募書類の利用法

suraimudora.JPG

採用担当者は、使い回しの履歴書を送ってきた応募者に対し...
どの企業にも不採用になっている人だというイメージを抱きます。
ですから使いまわしを使うのはアウト...と
前回(の「返却された応募書類の再利用は...?」)に書きました。

今回はその続編です。
採用の選考は、履歴書を作成する時から始まっています(...と思ってください)。
くどいようですが、また言います。毎回新しい応募書類を作成しましよう。
(...くどすぎて聞き飽きましたか??)

不採用になって返送されてきた履歴書を使いまわさなかったとしても、
何十社で不採用になった履歴書の無いようを直さずに
そのまま書き写して新たに送っている応募者がいるんです。

どうなるか結果は分かりますよね?
過去に不採用になった履歴書と同じ内容ですから、
不採用になるに決まっているんです。

新しいものを作るのは分かった!
言われたとおりに毎回新しく書いた!
でも落ちるんです。何でですか?
...とたずねてくる応募者の方の話を聞いてみると
内容がまるで変っていないんです。
落ちた(履歴書の)内容をなぜ使いまわすんだ?
...と、不思議に思います。

不採用になる履歴書、面接にすら至らない履歴書は
ダメな要素がてんこ盛り
なんです。だから落ちるんです。
志望動機を応募企業毎に書き直すのは当たり前のことですが、
誤字や脱字がないか?読みにくくないか?...なども
必ず今一度確認して新たな気持ちで作成してください。
(意外に、こんな初歩的なミスもあるもんなんです。)

日が経った後に履歴書を見ると、客観的に見直すことができます
どこがいけなかったのか?...日が経った分だけ新鮮に分かることがあります。
次の企業に採用されるためにも、何がいけなかったのか?
あなたなりの分析をして、思いが伝わる履歴書を新たに作ってください。
この努力は決して無駄にはなりませんよ。
 カテゴリ
 タグ

返却された応募書類の再利用は...?

sairiyoubatu.jpg

わが社はやっていませんでしたが…近年は
不採用の応募者に履歴書を返却してくれる企業もあるようです。
(...と言っても返却してくれるのは1〜2割程度の企業でしょうが...。)

で、返送されてきた不採用の応募書類(履歴書)を使い回す応募者
...というのもいるもので、再利用したくなる気持ちは分かりますが、
それは絶対に辞めてください。断言します...絶対に落ちます。

履歴書の再利用は、採用担当者が見るとすぐに分かるんです。
応募書類には志望動機というものがありますが、
まさか全ての企業で同じ志望動機を書いている人なんていませんよね?
...というより、いたらずっと不採用になっている人です。

採用担当者は、志望動機が自社に対してのものでければ、
不採用になった企業の履歴書を送ってきた(再利用した)と判断します

(もしくは、トンチンカンなことを書く応募者と思われる)
志望動機は再利用できない唯一無二のはずなんです。
だから、他社の応募書類は再利用なんてしてはいけませんし、
それで受かってしまうような適当な企業で勤めたいですか?

他にも、ひどいケースになると不採用のため×...と書かれた応募書類の
×の部分を上手く消して、そのまま次の企業へ転送(再利用)する人がいますが、
そんな応募書類を採用担当者は見ません。
(わが社は、返信しないことになっているので、そのままシュレッダー行きです)

また、応募書類の日付が求人募集を掲載する前になっているものも、見かけますが、
どうなるか分かりますよね。見やしませんってそんな応募書類!
採用担当者は使いまわしの応募書類を見てるほど暇人ではありません。
 カテゴリ
 タグ

応募書類は第3者のチェックや下書きを活用して完璧に…。

270526rireki.jpg

前回も書きましたが、
応募書類はたった一文字であっても誤字や脱字があった場合、
採用担当者はあなたの実務能力が低い...と判断します

つまり、人も履歴書も見た目で判断されてしまいます
たった一文字で...と思うかもしれませんが、書類で選考する場合、
書類から応募者の能力を見極める必要があります。

本当は書類で落とすのではなく、面接で中身を見るべきなんですが
正直な話、企業(の採用担当者)は応募者全員をじっくり面接
...なんてできません。過酷労働ブラックで倒れてしまいます。
そのため、誤字や脱字で面接すべき人物なのか、判断せざるを得ないんです。
応募書類すらまともに書けない人材なんていらない...というのもありますが...。

ですから間違いは絶対にしてはならないんです。完璧以外はダメなんです。
そうなると間違いをなくす方法も必然と必要になります。
100%確実な方法はありませんが、私がおススメしている方法は
履歴書をコピーし、一度下書きをしてから清書する方法です。

ただし書いた本人も誤字・脱字に気づかないまま、
提出してしまう可能性もありますので、
第3者にチェックしてもらうとミスの確率がぐっ...と減ります。

友人でも両親でも、就職アドバイザーの方でも誰でも構いませんが、
チェックしてもらうと客観的な目で間違いをチェックできるので、
恥ずかしいなんて言わずに、頼れるものは頼りましょう。
 カテゴリ
 タグ
最近の記事
(06/06)応募企業に合う実績や評価で優位性を示すためには...
(06/05)職務経歴書は、応募企業毎に変える必要があるか?
(06/04)経歴要約をうまく使って、採用担当者の興味を集めるコツは?
(06/03)転職回数はキャリア式[職能式]でカバーする
(06/02)職務経歴書のテクニック【逆年代順】
(06/01)職務経歴書の枚数は少なく...原則3枚以内の理由は...
(05/29)応募書類の選考を通過させるポイントは...
(05/28)不採用の応募書類の利用法
(05/27)返却された応募書類の再利用は...?
(05/26)応募書類は第3者のチェックや下書きを活用して完璧に…。
(05/25)履歴書は1文字でも間違ったら、即座に書き直す
(05/24)履歴書で給与(待遇面)にこだわる人は即退場の可能性あり
(05/24)履歴書で「ふりがな」や「カタカナ」の記入間違いは、注意力を疑われる
(05/23)1つの応募書類で西暦と和暦を混ぜるのはアウト
(05/23)志望動機では意欲と熱意をアピールする
(05/22)履歴書の空白期間はなるべく少なく...。
(05/21)短期間で辞めた経歴は書くべきか...?
(05/20)ネットからダウンロードした履歴書は市販の履歴書と同様の項目にすること
(05/19)採用面接...アピールするところを間違えていないか?
(05/18)応募職種には関連する資格をのみを記載し、資格マニアのアピールをしないこと
スポンサードリンク
カテゴリ
Copyright © 就職・転職活動研究所 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます