sairiyoubatu.jpg

わが社はやっていませんでしたが…近年は
不採用の応募者に履歴書を返却してくれる企業もあるようです。
(...と言っても返却してくれるのは1〜2割程度の企業でしょうが...。)

で、返送されてきた不採用の応募書類(履歴書)を使い回す応募者
...というのもいるもので、再利用したくなる気持ちは分かりますが、
それは絶対に辞めてください。断言します...絶対に落ちます。

履歴書の再利用は、採用担当者が見るとすぐに分かるんです。
応募書類には志望動機というものがありますが、
まさか全ての企業で同じ志望動機を書いている人なんていませんよね?
...というより、いたらずっと不採用になっている人です。

採用担当者は、志望動機が自社に対してのものでければ、
不採用になった企業の履歴書を送ってきた(再利用した)と判断します

(もしくは、トンチンカンなことを書く応募者と思われる)
志望動機は再利用できない唯一無二のはずなんです。
だから、他社の応募書類は再利用なんてしてはいけませんし、
それで受かってしまうような適当な企業で勤めたいですか?

他にも、ひどいケースになると不採用のため×...と書かれた応募書類の
×の部分を上手く消して、そのまま次の企業へ転送(再利用)する人がいますが、
そんな応募書類を採用担当者は見ません。
(わが社は、返信しないことになっているので、そのままシュレッダー行きです)

また、応募書類の日付が求人募集を掲載する前になっているものも、見かけますが、
どうなるか分かりますよね。見やしませんってそんな応募書類!
採用担当者は使いまわしの応募書類を見てるほど暇人ではありません。
 カテゴリ
 タグ