kyuuyo.jpg
履歴書の本人希望記入欄に「年収〇〇〇万円以上を希望します」
...などのように、高額な年収を希望するする応募者がいます。
あまりにも高くてビックリする例もあったりするんですが...。

これでは採用担当者に待遇面に固執している人というイメージを与えてます。
…というか、こういう人、好かれないんですよね。
高飛車な応募者だ…と切り捨てる採用担当者もいます。
(...というか、私の上司はそうでした。)

年収の額が絶対条件で、提示金額より低ければ入社しない
…と考えて、条件を提示しているのでしょうが、
そもそも年収の条件なんて採用担当者が易々と決められるものではありません。
(社長に直接交渉するのなら話は別でしょうが…。)

交渉する相手(給料を決定する人に面接するならOK)
を間違えてますから、その時点で不採用ですわな〜。
そもそも論になりますが...通常書類選考の時点では、
あなたがその年収の条件に見合う人材かどうかなんて判断できません。
...というか中途の転職者も含めて、
給料以上の働きをしてくれる人なんてほとんどいません。
(私の経験上0.1%もいないでしょう、基本新人は使い物になりません)

ですから、給与以上の働きもできない(新人の)くせに給与提示とは何事だ
…となり書類選考で不採用になってしまうケースがあるので注意してください。
(…というか、ほとんど不採用になってますが...。)

年収を提示したければ企業に入るのではなく、自ら起業してください。
もう一度言いますが、スタートラインを間違えていますよ。
ソフトバンクの孫社長はサラリーマンをやっていないそうです。
つまり企業に入らず、いきなり起業したんですね。
年収にこだわる方は、こちらの道に進むべきです。
これが無理だと思う方は、年収を提示するなんて傲慢なことをしてはなりません。

もちろん待遇面は応募者にとって大切なことです。
その気持ちは分かりますが、その気持ちをぐっとこらえるのが大人であり、社会人なんです。
少なくとも書類選考の段階では、待遇面のことばかりを話して、
採用担当者に要らない面接時間だったなぁ〜と思われるより、
応募企業で発揮できる強みをアピールして実りのあるものにしてください。

まずは面接で濃い内容を話すことに重きをおいてください。
おすすめはあえて本人希望記入欄には書かず、面接時か内定後に交渉する方法です。
採用担当者にあなたを採用したいと思わせた後に、希望条件を謙虚に提示してください。
採用担当者が欲しい人材!他者には渡したくない人材だと思えば、
検討してくれる可能性もあります。また、初任給だけで判断するのではなく、
入社後の昇給、昇格を含めて判断することも必要です。
 カテゴリ